犬も歩けば棒に当たる                  ―――何かいい事に当たるといいな
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/28 (Mon) 今日読んだ本

日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹

商品詳細を見る


アメリカには初期設定がある、というくだりが面白かったです。
どこかで間違ったら初期設定に戻ればいい、自分たちはこういう思いで国を作ったんだ、という雛形があるから。
日本は文化の辺境地として「なんとなく」出来てしまった国だから初期設定がない。

アメリカの初期設定が一番花開いた頃として、1960年代があると思うのですが、当時のアメリカ文化はナショナリストの私から見ても、明るく微笑ましく未来に向かって希望に満ちていたような気がして大変好ましいです。

先日ヘアスプレーというDVDを見たのですが
ヘアスプレー [DVD]ヘアスプレー [DVD]
(2009/06/19)
ジョン・トラヴォルタ、ミシェル・ファイファー 他

商品詳細を見る


これなんかは、まさに1960年代のアメリカ文化。人は月へ行けて、人類は人種差別を超越することができるという夢を見ていた、そんな思いに満ちていました。


本・雑誌・マンガ |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。