FC2ブログ
犬も歩けば棒に当たる                  ―――何かいい事に当たるといいな
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/03 (Fri) 奥飛騨温泉郷 新平湯温泉「饗家」

奥飛騨。

凄い奥って感じがいたします。
地図を見ても行くのが大変。

…だったのに、安房トンネルが開通して裏側から簡単に行けるようになりました。
松本インターからレッツゴー!一時間もかかりません。

今回泊まったのは山草庵「饗家」さんです。

先ずはファシリティをご案内。

お部屋は二間続きの和室、ロフト付きです。
HI3D0067.jpg

我が家は中一男子がおりましたのでロフト大喜びでしたが、ご年配の方と一緒でしたらあまり活用できないかもしれません。

HI3D0068_20100903171852.jpg

上に登るとこんな感じ。
私はここで、再会した実の妹設定の妹(最近会ったばっかり、そしてまたすぐに会う)と転がってバカ話しておりました。
HI3D0069.jpg

ここは部屋数が5つ。
そしてお風呂は貸切になる形のみで4つです。
帳場近くにある大きな鍵を持ってお風呂へ行きます。

こちらは、昨年二泊した上気に入って今年も連泊…という妹一番のお勧め「陶の湯」の内風呂。
大人が4人楽に入れそうな大きさです。
HI3D0071_20100903173133.jpg

お外に出るとこんな感じの露天風呂。
HI3D0070.jpg


以下、サムネイル画像で簡単に。
こちはは「岩の湯」になります。
HI3D0072.jpg
HI3D0073.jpg

あと二つは「宝の湯」と「檜の湯」。
どちらも内湯・露天がセットになったお風呂で、4つともそれぞれ趣と温度が違ってとても楽しめました。

が、全部楽しみたい…と欲張っていると却って落ち着かないかもしれません。
一回の逗留に二つくらいのお風呂…と、余裕を持って臨むのが正しい利用方法かも。

夕食後には新しい浴衣とバスタオルが用意されていたり、さり気ない心使いが感じられつつスタッフは余り姿を見せない…という新感覚の和める温泉でした。

そしてお待ちかねのお夕食はまた後日!

日記 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。