犬も歩けば棒に当たる                  ―――何かいい事に当たるといいな
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/03 (Sat) Let's study English!

アハハウフフ
昨日アップした記事、間違えておりましたので訂正入れます。
偉そうな事言えません。すんません。

ここから

自分自身は小学校時代英語を習っていたのですが、ボウズには習わせておりませんでした。
何しろ毎日の学習のキャッチアップで精一杯。
てゆうか、日本語ですら覚つかないのに、英語という他の言語理解できないだろ!という感じです。

しかし月日は無情に流れ、ついに4月から正式に英語授業が始まる事になりました。

そんな時期の塾の春期講習、楽しくアルファベットのお勉強が始まります。
………カバンの中でぐちゃぐちゃになっていたプリントを見てみますと、例えばギターの絵が描いてあって「g u i t a r 」のアルファベットが任意に散らばっております。
アルファベットを並べ替えて正しい英語にしてみましょう。

回答・g u i t e r 

eないから!
選択肢の中にeないから!!!

 ↑
(この辺間違えてた。
ボウズと私は同レベルでした。terは分からないでもない…。ねえ)

こいつは、どうやら親の期待を上回るオバカらしい…、とそういう所ではきっちり親の期待を超えて下さるボウズにちょっと英語を教えてみようかと思いました。
そこで英語の問題集を物色してみました。

わかんねー!
何でこう教えんだよ!わかんねー!


というのが、問題集を見た感想。

英語の基本、それはbe動詞。
とにかく学生時代に書いたり話したりする文章には動詞が必要。
英語では
「オッス!オラ悟空!」
は有り得ないのだ、とbe動詞を懇切丁寧に説明している問題集はないものか、と探してみました。

そもそも、be動詞って言葉自体が、ワケ分かんないよね。

てゆうか、それ以前に「動詞」の概念が曖昧なのに、いきなりbe動詞の、動詞はVの、SVCの言われても分かんないって。
何でbeなのか。
「原形がbeです」って先生は言うけれど、それがピンと来るのはずっと先の事です。

何でamやareがbeなんだよ!

思い出してみて下さい。
命令形では動詞原形が文頭に来る。
Stop it!
……分かりやすいですね。

だから、一般動詞がない文章ではbe動詞の原形が文頭に来るのです。

Be nice!

英語圏のお子ちゃまは、散々言われているのですビーなんたら、ビーうんたら。
だから基本の形はbe、というのは理屈ではなく感覚で分かる。
でも、日本の教科書通りでは「be」は中々出て来ない。beを知らずにbe動詞。

そのbeが主語によって変形する、そして、一般動詞がない文章「オラ悟空!」には
そういう存在である、という「である動詞」が必要で、それがbe動詞なのだ、と説明している本を探してみました。

あったー!

アメリカ生まれのバイリンガルで塾の先生が監修したという本がばっちりでした。

「他の本では難し過ぎるという人にも最適です」
とか書いてありましたが、一般動詞は「歩くとか食べるとか、日本語で語尾を伸ばすとうーになる動きを表現する言葉」との説明もちゃんとあります。

何しろまず「動詞」分かってないんだからさー。

で、買ってはみたものの勿論見向きもしてくれません。
何で釣って教えようか。

家族&犬 | comment(4) |


<<お天気が良かったので | TOP | 一汁一菜>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ヤメロ 

英語が始まる前に英語が嫌いになっちゃうよーん。大丈夫よ。アルファベットから丁寧に教えてくれるから。うちの長男を見よ。去年の今頃は「大文字って何?」の世界だったけど余裕で出来てるよん。先取りしていなかった分 素直に吸収してるよ。

2010/04/05 17:23 | キムチ [ 編集 ]


ヤメタ 

全然やる気ないし~。
まず日本語で「動詞」からだわよー。
でも凄く分かりやすい本だったので、またそのうち訳わかんなくなってきたら
きっと役に立つと思います。
「比べる量割る比べられる量」撲滅委員会会長
「特別な数割る全体の数」と教えろ推進委員会ほたてでした。

2010/04/07 20:28 | ほたて [ 編集 ]


 

英語とかいう以前に、品詞とは何かという勉強って中学生じゃきちんとしてないですよね。
まず日本語の品詞についてきちんと学んでいない状態で、svcとか厳しすぎる。
学校で習う英語って、基本、
日本語→英語
英語→日本語
のトランスレーションのための学びだし、考えるとき日本語に訳して考えるわけだし
日本語の品詞を理解してたほうが理解は早いですよね。

私も小学校で英語習ってたのですが、そのお陰かリズムとか音から入れたし、
英語大好きになったなぁという感じがする~。親に感謝してます。

独立分詞構文だの、不定詞だの、補語、使役動詞だの、前置詞だの(いまだにあやふや)あぁ、なつかしいですねー!こういうの、大好きです。

そういえば・・・
筆記体。
中学でさんざん練習させられたけど、筆記体なんて
書いてる人誰もいなかったような気がする・・・(米国)

2010/04/10 01:44 | アイラーのねえさん [ 編集 ]


 >ねえさん 

「品詞」
それそれそれですよねえさん。
その言葉出て参りませんでしたわ!!!!
でも仰るとおり!
何か、意味わかんないと先に進めない事ってありますよね。
小学校の頃「求める数」を「未知数」と表現した子がいて、
「みち数?何それ!道!? 道の数って何!」
と一瞬パニックになりかかり、聞いているうちに「ああ!未知ね!」と理解して
やっとどう解いているか分かった…という経験がございます。

新しい言葉って、例えばbe動詞でも「そう言われている」だけではなく、
どういう物か、成り立ちはどうか、とかひと言ヒントがあるだけで
随分分かりやすくなると思うんですけどねえ。

あと、あの訳わかんない「ところものもの」もいい加減何とかして欲しいです。

筆記体書いてる人……(笑)。
字が綺麗だと「頭悪そう」って言われるってホント?

2010/04/10 15:48 | ほたて [ 編集 ]


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。