FC2ブログ
犬も歩けば棒に当たる                  ―――何かいい事に当たるといいな
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/26 (Fri) 面倒臭かった!

2月初旬からある治療を受ける予定になっておりまして、それ自体は簡単ですぐ終わる物なのですが、20年ほど前に同じ治療を受けた事があるので、できればその資料が欲しい、と先生に言われました。
治療を受けたのは海外の大学病院だったのですが、当時はネットもメールもなかったので、紹介状を見てもアドレスもありません。
Faxの番号があったので、そこに送って下さるとの事になりました。

Fax送れませんでした。
HP探してアドレス見つけたのでそこにメール送ったらエラーで届きませんでした。
ので、郵送にて問い合わせ中です。




という連絡からあっという間に一ヶ月が過ぎてしまいました。
どちらかがアフリカの奥地とかチベットの山奥とかならともかく、日本とヨーロッパでこんなにかかるものなのか。
別に命にかかわるとかいう問題ではありませんが、どこか治したほうがいい所があって、治療法もちゃんとあるというのならさっさと治してちょうだいさっさと、という気持ち満々です。

連絡がないので問い合わせてみたところ、先生もずっと気にはなさって下さっているものの、返信がないのでどうしようもない、との事。
「私がファックス送りましょうか」という言葉が喉から出かかるも飲み込む。

お医者さんというのは、病院で日々ハイリスク、生きるか死ぬかという患者さんを見ていらっしゃるんだから、私程度であまり催促するのもなあ…とは思いつつも、やはり落ち着かないので患者側からも問い合わせのメールを送ってみました。
確かに、診療科の直アドレスに送ってもエラーで送信できません。
仮に婦人科だとすると、婦人科@○○大学みたいなアドレスなんですが間違っているようです。
公式HPに載っているアドレスなのに!
仕方がないので病院@○○大学みたいな大代表のアドレスに送ってみました。

日本で治療を受けるので20年前の資料が欲しいけれど、それは残っているのか、また残っているとしたらメールもしくはFaxで送って貰えるか…と問い合わせです。

すると、Department of Communicationという部門から返信があり、パスポートのコピーを送って貰えれば可能だ、との事です。
早速コピーして送信。
フレッシュなパスポートがあって良かった。なければここでまた2週間です。
更に、旦那に診療科へ直接電話をして貰い、日本からの問い合わせの手紙が来ているか確認して貰ったところ、

来ていないと!

日本から手紙もメールもFaxも来ていない。
そこで、直Faxの番号を聞き、受信は24時間体制である事も確認し、試しに送信もしーの、ちゃんと届きーの、更にDepartment of Communicationにこれこれのメールを送ってあるので、日本から問い合わせがあったら直ぐに返信が欲しいと連絡しーの。

ここまでやって先生に「手紙届いていません。根回ししましたからこのアドレスに問い合わせして頂ければすぐ送ってくれるそうです」

と連絡しました。

先生も時間を変えて何度もFaxしてみて下さったそうですが、どうしても病院からは送れなかったらしいです。最終的にはご自宅から送って下さって、ようやく送信できました。
……なんなんだかなあ……地方の病院のシステムってそんなかなあ。

そして、先生からのeメールでの問い合わせも無事に該当部署に届きました。ダブルアプローチ成功です。

・・・・・・電話で確認しましたともさ。

やれやれ、やっとこれで治療が始まる…と思っておりましたら

病院からの返信がウチへ来ーの!


転送しーの!(日本の先生の直アドレスは予め教えて頂いていた)
送ってくれてありがとうメールを書きーの!
更に送られて来たメールには「もし必要ならカルテ全部コピーして送れます」というメッセージが入っていたので

「送れるなら最初から送れよ!!!!!」

と突っ込みながらあくまでも下手に
「日本の先生からコピー送付の依頼があるかもしれませんので、その時にはどうぞどうぞ宜しくお願いいたします」
と連絡しーの。それなのに

「詳細なカルテのコピーの担当はこちらのアドレスと担当者になります」

とのメールがまたウチに来ーの!!!!

また転送しーの!
お礼の返信送りーの!!

…………そして漸く日本と海外の2病院の連絡が直接繋がるようになりました…………。

このやり取りに一ヶ月かかってしまった。
ああ大変だった。
でも漸く日程が決まりました。ヨカッタヨカッタ。

日記 | comment(0) |


<<春になると和食が食べたくなる | TOP | 春の信州伊那谷>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。