犬も歩けば棒に当たる                  ―――何かいい事に当たるといいな
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/29 (Mon) まだ続く「rebecca」

ステッチ線を出したくないので、裾から襟への線は全部手まつりで…と、悲壮な覚悟をしながら手芸店をうろついていた私の目の前に

アイロン接着テープ
が降臨されました。
こうして、一部アイロン接着、一部手まつり(見返しの部分。作った人にはわかるあのよくわかんない場所)という息詰まるような工夫と素人臭さにまみれながらも、そこはさすが元のデザインが素敵ですから、いい感じに出来上がって参りました、マイ・Rebecca。

でもこれ、下の小さい見返しは使わず、5センチくらいの折り返しも無しで、全部パイピングなんかでぐるっと包んでも簡単で可愛いんじゃないかと思われます。

それから、襟は結局シングルにしました。
二つ折り、二重の襟だと、私が着た場合何だか70年代のSF漫画に出てくる未来人……のようになってしまって、どうにもこうにも。
これで下に全身タイツでも着用したらバッチリこんな感じ。





ボタンも無事到着いたしたが、スナップを取り付けたところで、バランスを見てボタンをつける位置を考えようと思い写真を一枚撮ってみました。
こうして見ると、やはり襟の断ちっぱが気になります。一センチくらい折り返して縫うか。



そんな事より大変です。
写真を撮って冷静にRebeccaを見直したところ 何だか妙に感じるデジャ


あれ?
私、こんな服持ってなかったっけか?





しかも画像では分かり難いですが、色はダークグリーン!!!!




いや待て。
まだ私にはボタンがある………!
これはロングケープだし、Rebeccaはショートジャケットだ!!!

気を取り直して……。
ちょっと打ちひしがれたので、先日型紙ひろばさんのドレープカットソーを作った余りニットで人間用スヌードを作りました。

101129_1238~01
簡単でカワエエ…。

スポンサーサイト

ソーイング |


2010/11/27 (Sat) 忙中閑有

今日は家族3人揃ってインフルエンザの予防注射に行きました。
11時半頃行って、そのままラーメン食べましょうコースです。

カウンターしかなくて、お昼時は大変混みあうラーメン屋さん。
こんなふうに、待合用に椅子があって、順番に詰めていくようなシステムになっております。



壁に①②③…から④へと順番に並んで詰めて行って下さい…というような但し書きがあります。

オーダーも事前に聞いてくれるので回転が速い。空くと同時に座る、ラーメン出る、みたいな感じです。
次の次の番になった時、③の隣の隣ですね、左側に座っていたのは4人家族でした。

その時です!

丁度その四人家族の前の席に座っていた4人が一度に立ち上がりました。
次四名様でタイミング良く4名様の空きがでる。

私「今絶対、お店の人内心ガッツポーズでよしゃ!とかって思ってるよね」
ダンナ 「テトリスの長い棒が来た感じ?」

それだ!!!

日記 |


2010/11/26 (Fri) 今日のRebecca

縫っております。

昨日の整体が全く無駄になりそうです。

また行ったんかい!

行きましたとも。
だって数回は間隔空けないで通ったほうがいいって言うからさ~。

それでRebeccaですよRebecca。
しつこい?

ブログ巡りをしている時に「グダグダで不完全燃焼…」と書いてらっしゃる方がいたんですが、その気持ちが 今の私には良く分かる。誰かに愚痴を言いたい。いや、私のような駆け出しオカナーティスト(okan-atrist)に共感されても先様もご迷惑なんでしょうけれど。

例えるならこうです。

台襟付きのシャツを作る時の感じ→全然解けないと思っていた難しそうな計算式が、実は簡単な四則計算の集合だった。しかも、分からない所は教科書を読んでその通りにすると、納得しながら徐々に完成して行く。
その上出来上がった物は+-ちょっと×くらいで出来たのにまるで因数分解解いたような美しさ。

達成感ハンパない。

そして、Rebeccaはこうです。

簡単な足し算だけで計算できる筈なのに、問題の意味が全く分からない応用問題。
ピンと来たり直感があればきっとすぐ解けるはず。なのに、教科書読んでもサッパリ分からない。

その上簡単な符号付け忘れて-5+3を8と計算してしまうような凡ミスの連続。
ちっ!また符合忘れてたぜ!!!
とやり直す事数度。

打ちのめされ感がハンパない。

圧縮ニット使って本当に良かった!
これでほつれるツイードとか使ってたら完全に投げてました。

それでもだんだん形になってくるとそれはそれはいい感じです。
しかし、ここで一つ問題が生じました。

圧縮ニットでデフォルトの襟にすると、重くて異常に肩が凝る。

でも、ちょっと羽織ってみると、最後のステッチで襟をとめないでおくと、何とフードにもなるという美味しい発見がありました。
見返しのステッチは入れないで手まつりにしようか、それとも切りっぱにしようか、襟は半分にカットした方がいいのか…悩みは尽きずに続く。

ソーイング |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。